電波障害対策設備のページ

放置されているアナログ電波障害対策施設は危険な状態です。

2011年7月24日で従来のアナログ放送が終了し、地上デジタル放送に移行が完了しました。

デジタル放送に移行後、大半の不要になったアナログ電波障害対策施設は撤去されています。

しかし、アナログ放送時代のテレビ電波障害施設に関しましては、その存在もご存知ではないオーナー様や管理組合様、管理会社様などが多く、未だに不要な施設を撤去されていない状況です。

撤去されていないだけではなく、本来維持管理を行い安全を保たなければならない施設にも関わらず、維持管理がされておらずケーブルや機械などの設備が宙ぶらりんの状態で非常に危険な施設が多く存在しています。

維持管理をせず、ケーブルの垂れ下がりやワイヤー・支持バンドの仮留め等を放置しておくと、台風などの影響で電波障害設備の線がはずれて、 車両・通行人・家屋に損害を与える可能性があります。

実際に自転車で下校中の学生に電線が落ちてケガをした事例など、多くの事故が起きています。

その場合、施設所有者に損害賠償が発生し責任を問われる可能性がありますのでしっかりとした維持管理が必要となります。

電柱の使用料や電気代もかかっていますので必要なくなれば撤去する事が望ましいでしょう。

撤去費用として一時的にはコストがかかりますが、上記の様な心配はなくなります。 

 

当社では施設廃止や撤去工事に関わる申請業務及び施工を行なっております。

安全なまちづくりを応援します。

【お問合せ先】

※フリーコール 0120-99-4561   

※お問い合わせフォームはこちらから・・・

このような設備がたくさん見かけられます。

今にも落ちてきそうですね。保安器という機器が付いたままなので人に当たったら大けがをするでしょう。

ビニールテープで巻いてあるだけです。ビニールテープは数年でボロボロになりますし、真夏の高温時は切れる恐れがあるので大変危険です。

細い針金で釣ってあるだけです。もし、「針金が切れて鉄製の支持バンドと大きな機器ごと人の頭を直撃したら、、、」と思うとぞっとします。

東京の建設現場で足場解体中にパイプが落下し男性を死亡させた事故のニュースが頭をよぎります。


この写真は、小学生の通学路に建っている電柱の写真です。

もし、大切なお子様の頭の上に「鉄のかたまり」が落ちてきたら、、、

非常に怖いですね。

【お問合せ】 ※フリーコール 0120-99-4561  ※お問い合わせフォームはこちらから・・・